ラホス10周年記念活動報告会のお知らせ

(*活動報告会の詳細は上記バナーをクリックしてください)

ホリスティックサイエンス学術協議会(RAHOS)

 ホリスティックサイエンス学術協議会(Research Association for Sciences、略称RAHOS)は、アロマセラピー、リフレクソロジー、タラソテラピーなど、補完・代替療法の分野における、科学的研究と技術的発展を広く支援するために、2007年12月14日に設立されました。

理事長の川口香世子氏のもと、多数のセラピストが学び、活動しています。

 


活動分野

  1. ホリスティックサイエンスに関する普及・啓発活動
  2. ホリスティックサイエンスに関する資料の収集、および調査研究
  3. ホリスティックサイエンスの調査研究に対する助成
  4. ホリスティックサイエンスに関する技術上の援助
  5. ホリスティックサイエンスに関する講演会・研究会等の開催
  6. 行政機関および国内外の諸団体との連絡・研究会等の開催
  7. 機関紙および刊行物の発行
  8. 学術論文の審査と機関紙上での掲載

協議会の活動と会員特典

本協議会認定資格の発行

RAHOS認定インストラクターの講座を受講することにより、認定資格を取得するための審査を受けることができます。

RAHOS認定講座はこちら

会報誌への投稿と審査論文の発表

会報誌には、会員から投稿された「症例報告」「事例報告」「一般論文」などを随時掲載し、公表します。

会報誌・出版物はこちら

各療法家・専門家によるセミナーの開催

ホリスティックな観点から、様々な分野の療法家、専門家によるセミナーを開催しています。

 RAHOS主催のセミナーはこちら

 

 


セラピーに関する研修旅行

・北海道下川町でのモミの木の蒸留体験

・安曇野でのカモミールやラベンダーの摘み取り

・富良野でのラベンダーの摘み取り

 

障害者施設でのトリートメント

・武蔵野市障害者施設におけるボランティア活動

  (短回の体験活動も可能です)