会報誌・出版物のご案内


ホリスティックサイエンス学術協議会会報誌

The Journal of Holistic Sciences

<年2回発行>

 本誌では自然療法、代替療法、補完療法に関わる総説、原著(短報、一般論文)、事例報告ならびにシンポジウム公演録等を掲載しています。掲載される論文は、原著論文として認定されます。

 最新号 vol.12  No.1 (2018)           

<掲載されている一般論文>

  • KKスケールを用いた肩関節周囲炎と坐骨神経痛を併発する患者に対するアロマセラピー効果の評価    (山中訓子)
  • KKスケールを用いた糖尿病、循環器疾患ならびに腰部脊柱管狭窄症を抱える被験者の下肢の疼痛・筋痙攣の痛みに対するアロマセラピー効果の評価 (坂井恭子) 
  •  
ダウンロード
12-1-compressed.pdf
PDFファイル 4.1 MB


アロマセラピーの現場より

〜癒しから介護まで〜 川口香世子 著

 本協議会理事長の川口香世子氏のもと、プロのアロマセラピスト11名によるトリートメントの現場からの報告です。クライアントの状態や要求の把握、効果の評価方法などを、長期間にわたる経過観察を実例で紹介します。
 

 従来、セラピストの主観に頼りがちだったアロマセラピー効果の判定に対して、客観性のある新評価方法(KK スケール法)を導入し、第三者にも説得力のあるトリートメント効果が示されています。